事業方針-事業計画

HOME | 越谷青年会議所とは | 事業方針-事業計画

総務委員会

委 員 長  蔵林 裕貴
副委員長 染谷 健太朗
副委員長 山口 和裕

はじめに
総務委員会では、当会議所の会議や総会の円滑な運営、さらに関係官庁と連携を図り、諸手続きなどの業務を行います。また、ハンドブックの作成、ホームページやSNSを活用した情報発信および広報誌の発行を行います。
 
総会および理事選挙について
1月、9月、12月と年3回開催される総会を厳正に執り行い、組織の土台を決める7月の理事選挙を開催します。会議や総会について、時代の流れに負けないように、WEBでの会の運営や、参加方法についても適宜判断し、当会議所メンバーの参加しやすい環境、安心して参加できる環境を作り上げ、オブザーブの方が参加される際にも、自信をもって見て頂けるよう設営を行います。
 
おわりに
人と出会う時間が少なくなる中、一期一会を大切に会員拡大につながるよう、青年会議所の宣伝活動を行い、まちづくり委員会との連携を図りながら、新時代に挑戦します。

委員会をまとめる委員長をちょっと紹介

総務委員会
委員長  蔵林 裕貴

好きな言葉、信念 『ギバーズゲイン!明日でいい事は今日やらない!人の人生は目標の大きさに概ね比例する。夢は大きく!悪い結果は人のせいにしない!』
好きな食べ物 シャインマスカット
趣味

麻雀 ビアポン 歴史のドラマ鑑賞 ポケモンGO

特技 盲牌 ピアノ

まちづくり委員会  

委 員 長  立澤 貴明
副委員長 川尻 彗夏
副委員長 波多野 伸太郎

はじめに
まちづくり委員会では、行政・他団体と協力し、持続可能なまちづくりに向けた取り組みを推し進めてまいります。気候変動や海洋汚染などの環境問題に対し、一人一人が当事者意識を持ち、地域全体で、子、孫の代まで安心して暮らし続けることのできる環境を未来に残していけるよう、課題解決のための具体的な対策の発信を行ってまいります。
 
環境問題の対策として継続的に取り組めるモデルの企画運営(5月例会)について
環境問題への具体的な対策として取り組み続けられる、一つのモデルとなる事業に挑戦します。環境問題という地球規模の危機を地域課題として考え、地域資源を活用する事で課題解決を図ります。
 
越谷市民まつり(9月例会)について
越谷市民まつりでは、市民まつり実行委員会への参加、設営、事務局としての協力を通じて行政や他団体と連携し、事業室として市民の皆様と共に持続可能なまちづくりを推し進めるシンボルとして越谷市民まつりをより良く変革していく事に挑戦します。
 
おわりに
一人でも多くの人の行動意識を変革し、持続可能なまちづくりに向けた取り組みを継続的に推し進めていくために、メンバー一人一人が明るい豊かな未来を創るという信念を強く持ち、地球規模の問題に対し、積極的な挑戦を行ってまいります。

委員会をまとめる委員長をちょっと紹介

まちづくり委員会
委員長  立澤 貴明

好きな言葉、信念 『おもしろきこともなき世をおもしろく、すみなしものは心なりけり』
好きな食べ物 辛い物全般
趣味

政治活動

特技 徹夜

地域のタカラ育成委員会  

委員長 星野 真範
副委員長 神戸 大蔵
副委員長 渡辺 将太

はじめに
地域のタカラ育成委員会では、人と人とのふれあいで生まれる様々な事を感じ取って頂ける様な事業を展開する為に、まずは自分たちが楽しむことを信念に活動してまいります。
 
礼儀作法や相手への思いやりの心を伝統文化を通じて学ぶ事業(6月例会)について
地域のタカラである子どもたちを対象に礼儀作法や相手への思いやりの心を古き良き伝統文化を通じて学び、普段体感することの出来ない事業を企画運営し、この経験を活かし輝ける未来へ進んでいける人を育んでいきます。
 
少子化対策事業(11月例会)について
少子化対策に重点を置き、人と人との出会いのきっかけづくりになるような事業を企画運営致します。かけがえのないものとめぐり逢い明るい未来へ進んでいける機会を作ります。
 
おわりに
地域の方々が、かけがえのないものを見つけ育み明るい豊かな未来へ進んでいけるきっかけを作れるよう挑戦していきます。

委員会をまとめる委員長をちょっと紹介

地域のタカラ育成委員会
委員長  星野 真範

好きな言葉、信念 『自分たちが楽しむこと』
好きな食べ物 焼きそば
趣味

家族

特技 縁の下の力持ち

地域経済発展委員会  

委員長 後藤 健二
副委員長 宇田川 圭介
副委員長 山上 博道

はじめに
地域経済発展委員会では、多種多様な思考を学ぶ機会を作り活躍していける人材を育成し経済が継続的に発展していくきっかけになる取り組みをしていきます。
 
新しく多様な価値を創造する人材を創出する事業(4月例会)について
今、社会で何が求められているのかを考え、今までにない多様な価値を学ぶ機会を提供し社会で活躍する人材を育てる事業に挑戦します。
 
地域経済で活躍できる産業・ひとを育成する事業(10月例会)について
越谷の魅力や伝統をふまえ、市民の皆さんが親しみやすさや誇りをもって活躍できる「産業・ひと」を育成し、経済が継続的に発展していくきっかけとなる事情に挑戦します。
 
越谷市長選挙の公開討論会の設営及び運営について
スムーズな運営と設営に努め候補者の主張をわかりやすく多くの市民の皆さんに伝えていきます。
 
おわりに
越谷の経済が継続的に発展し続けられるきっかけを作り未来で活躍できる人材を育成・創出していきます。

委員会をまとめる委員長をちょっと紹介

地域経済発展委員会
委員長  後藤 健二

好きな言葉、信念 『互いを思いやり助け合いながら活動していく』
好きな食べ物 チャーハン・唐揚げ
趣味

ドライブ・旅行

特技 フットサル

コシガヤブランド発信委員会  

委員長 野口 峻平
副委員長 林 大輔
 副委員長 吉田 将光
 

はじめに
コシガヤブランド発信委員会は、越谷のみなさんへ再発見した地域の特徴と魅力をつなぎ合わせ、伝えていく架け橋となるプロジェクトを展開していきます。
 
ブランディングの手法を学ぶ事業(3月例会)について
プロジェクトの一環として、コシガヤにある魅力を効果的に発信していくブランディングを参加型で学べる事業を企画し実施します。
 
インフルエンサーを創出する事業(8月例会)について
多くの人を巻き込み、地域愛にあふれるローカルインフルエンサーを創出します。そのインフルエンサーと協力し、みなさんの「越谷愛~LOVE~」を向上させていき、これからを担う若い世代へ根付かせていく事業を企画し実施します。
 
おわりに
コシガヤ全体が一つの目標に進むきっかけを創造し、共に新時代への懸け橋となるべく挑戦していきます。

委員会をまとめる委員長をちょっと紹介

コシガヤブランド発信委員会
委員長  野口 峻平

好きな言葉、信念 『夜景は残業でできている』
好きな食べ物 オムライス
趣味

ツーリング、ゲーム

特技 高いところのモノを取れる

会員アカデミー委員会

委員長 宮崎 大輔
副委員長 五十嵐 康則
副委員長 石川 泰之
 

はじめに
会員アカデミー委員会では、魅力あるJC運動を広め仲間の情報やネットワークを活用し青年会議所という「仲間」との共有を発信し、志を共にしていきます。
 
会員研修について
新入会員や入会から3年に満たないメンバーを中心にJCI日本公認プログラムによる研修等を行い、青年会議所で得られる魅力を発信し、在籍会員の意識向上を図り質の向上に努めます。
 
卒業式(12月例会)について
卒業式では、越谷青年会議所の歴史を紡ぎ、活動を通し地域に貢献していただいた卒業生を盛大に送り出す事業を企画、開催いたします。
 
じゃがいも大会(ゴルフコンペ)について
卒業式では、越谷青年会議所の歴史を紡ぎ、活動を通し地域に貢献していただいた卒業生を盛大に送り出す事業を企画、開催いたします。
 
おわりに
越谷青年会議所の魅力を皆様に発信いたします。

 

委員会をまとめる委員長をちょっと紹介

会員アカデミー委員会
委員長  宮崎 大輔

好きな言葉、信念 『One for All , All for One』
好きな食べ物 馬刺し・からし蓮根
趣味

へたっぴゴルフ

特技 早寝早起き・腹太鼓

事務局  

事務局長 藁科 友弥

はじめに
本会議所の事務局として、各種活動の対外的な窓口として誠実に対応いたします。
 
新春賀詞交歓会の企画・運営(2月例会)について
新春賀詞交歓会では新しい生活様式へ配慮しながら、理事長が描く想いや今年度の越谷青年会議所の方向性をお伝えする場として設営するとともに、ホームページで理事長挨拶を紹介する新たな試みにも挑戦いたします。本会議所の運動をご理解いただき、地域一体となって青年会議所運動を展開していきます。
 
奉仕活動について
ゴミ0運動、献血事業および越谷花火大会への対応を行い、事業を通じ地域へ貢献いたします。
 
他青年会議所との連携について
公益社団法人日本青年会議所や公益社団法人日本青年会議所関東地区埼玉ブロック協議会、姉妹JCである一般社団法人相馬青年会議所と連携し、本会議所運営を円滑に進めてまいります。
 
おわりに
コロナ禍における新しい形へ移りゆく青年会議所運動へ柔軟に適応し、越谷市という素敵な街と寄り添ったものとなるよう本会議所の運営を行ってまいります。

委員会をまとめる委員長をちょっと紹介

事務局
事務局長  藁科 友弥

好きな言葉、信念 『一期一会』
好きな食べ物 お寿司
趣味

ジェットスキー

特技 卓球